礼金の支払いの判断は、基本的にそれぞれに賃貸人によって全く異なります。なぜ賃貸人によって判断が異なるのかというと、礼金は法律上においては必ず支払わなくてはいけない性質を持ったお金ではないからなのです。それ以前に、礼金に関する規定は法律には存在しないため賃貸人には礼金を受け取る権利が存在しないと言っても過言ではありません。では、そもそもなぜこのような法律に書かれていないような礼金というお金を相手に対して支払わなくてはいけないのでしょうか。

それは、礼金というシステムが過去にあった慣習によって出来たからです。礼金と言うのは、部屋を所有している人に対して部屋を貸してくれたことに関する感謝のお金として支払われるものです。そのため、礼金は相手に対して支払うと謝礼として受け取られるため敷金のように後から返還請求することが出来なくなります。昔は、部屋を貸してくれる大家というのがそれほど多くなかったため、このような独善的な礼金というシステムが賞賛されたのですが現在では法律的なシステムが確立されているため時代遅れになっているという声も実際にあがっています。

事実、このような礼金を受け取らない賃貸人や不動産会社が非常に増えている事実を見逃せません。礼金に関しては、賃借人の方から必ず提供しなくてはならないものではないため、実際に部屋を借りるときにはきちんと話を聞いておくことが大事です。そうすることで、礼金に関するトラブルに巻き込まれなくて済みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です