持ち家か、貸家で暮らすかというのは多くの方が悩むことでありますが現在賃貸を選択する方が増えています。特に一戸建ての持ち家の場合、意外に手間暇とコストがかかるのが住まいの維持です。住宅は5年から10年毎に外壁塗装や15年ごとに屋根の葺き替えなどさまざまなメンテナンスが必要になります。一戸建ての持ち家の場合、家主はこれらを全て自分で行わなければなりません。

また建物のメンテナンスだけでなく、外周の管理や草むしり、掃除なども意外に負担になったという方が多くいます。一方貸家の場合にはこうしたメンテナンスは一切不要です。入居者は家賃さえ支払っていれば、住まいのメンテナンスをするのは大家さんや管理会社の役割になります。自分で草むしりや植木の剪定等をする必要もなく、手間やコストをかけることなく快適な空間に住み続けることができるのです。

また賃貸の魅力は入居の際にかかる初期費用が少ないという魅力もあります。掛かる費用といえば大家さんへの敷金礼金の支払と一ヶ月分の家賃程度です。しかも物件によってはこうした敷金礼金すらかからないというケースも増えています。一方で持ち家の方は入居の際に頭金という高額な費用がかかります。

1千万円という高額な頭金が必要なケースもありますし、なかなか思い切った決断をしないと購入は難しいと言えるでしょう。このように賃貸住宅は住まいの管理やそれにかかるコストといった負担なく住み続けられる魅力があるのです。シニア向けの賃貸住宅のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です