賃貸人から入居希望者が部屋を借りるときには、入居前に敷金というお金を預けなくてはいけません。このお金は、無事に契約期間が満了したときには賃借人に対して返還されることになるのですが、そもそもなぜ敷金などと言ったお金を相手に対して預けなくてはいけないのでしょうか。基本的に、敷金は賃貸借契約の安全性を高めるために存在するものです。部屋を貸す賃貸人は、賃借人からお金を貰うことによって該当する部屋を貸し出すことになります。

この部屋に関しては、きちんと綺麗な状態にして賃借人が普通に暮らせるようにしっかりと準備しなくてはいけません。しかし、貸し出しされる部屋の所有権はあくまでも所有者である賃貸人にあることは言うまでもありません。部屋を貸す所有者としては、当然その部屋が綺麗に使われて綺麗に返還されることを望んでいます。では、仮に賃借人がその部屋を汚してしまったときにはどうすれば良いのでしょうか。

このときに、預けておいた敷金を使うのです。所有者は、賃借人が故意や過失によって傷つけた部屋の状態を原状に回復させることが出来る権利を持っています。このときに、最初に預けておいた敷金から必要な分だけの費用を使い、余った分のお金を任期満了後に返還するのです。こうしておけば、たとえ部屋が汚れてしまったとしても賃貸人は大きな損をすることはありませんし、賃借人も後から賠償を請求されることもなくなります。

敷金によって安全に契約を履行することが可能になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です