賃貸借契約の話し合いが進められていくと、相手からいくつかの費用が請求されることになります。このときに請求される代表的な費用として、敷金と礼金という二つのお金があるのです。この内、礼金は全く賃貸人に対して払う必要がないお金だと言っても過言ではありません。敷金は、賃貸借契約によって生じうる部屋に関する原状回復の義務を果たすために存在するお金です。

法律的には預かり金として規定されており、一般的には金融機関でお金を預けるときに使われる担保と全く一緒です。安全性を担保するために敷金を預けておくだけなので、その目的が達成されたときには当然賃借人の方から相手に対して返還請求をする事が出来ます。では、礼金と言うのは一体何のために存在する費用なのでしょうか。実は、法律的には礼金というものは存在しません。

つまり、賃貸人に対して礼金は全く支払わなくても良いものとして解釈されているのです。それにも関わらず、なぜ礼金を支払わなくてはいけないところが多いのでしょうか。それは、昔からの慣習として支払いの義務が存在しているだけなのです。慣習として礼金があるため、実は法律的には何の意味もないお金として定義されています。

事実、近年は礼金を払わなくても住むことが出来るようになっている物件も多く登場しており、現代の法律に従ったサービスの提供が広く浸透しつつあります。こうした観点から考慮すると、敷金は預けておくと得をする事があるため敷金だけを求めている会社の物件を探すことが好ましいと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です