賃貸で必要になる費用の大半は、きちんとした目的が存在します。使用することに関しては何らかの意図が存在するため、費用を支払うときにはまずその目的を知っておかなくてはいけません。中には、礼金のように法律的な意味合いを持っていない費用も存在するため、余計な出費をしないように心がける必要があるのです。例えば、賃貸借契約を成立させるときには申込金を事前に相手に対して支払わなくてはいけないことがあります。

そもそも、この申込金というのはどのような目的で利用することになるのでしょうか。一般的に、申込金というのは希望する部屋の優先順位を確保するために存在する預かり金のことを言います。賃貸に限ったことではありませんが、人気の高い物件には多くの申込が殺到することになります。この場合、申込をした人の中で誰を一番に交渉するのかを不動産会社は選択しなくてはいけません。

このときに大切になるのが、申込金というお金なのです。申込金を事前支払った入居希望者は、それを支払わなかった人よりも優先して交渉を行うことができるようになります。そして、この優先順位確保という目的が終わったときにはそのお金を相手に対して預けておく必要はありませんので、後でしっかりと返還請求が出来るのです。このように、賃貸借契約で使うわかりにくいお金にはそれぞれに目的がきちんと存在するのです。

そのことを忘れないように賃貸借契約を進めていかなくてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です