賃貸物件に入居したいけど、両親は既にいないとか、年金をもらっているなどで頼みにくいこともあります。こういう、保証人のなり手がいなくて賃貸物件に入居する時は、保証会社付きを選ぶ人が多いようです。ただしこの場合は審査があります。この審査というのは、クレジットカードの申し込みの時の物に似ていて、毎月家賃をきちんと払えるかどうか、その裏付けが取れない場合は、審査に落ちてしまうので、入居もできなくなります。

では家賃を払える裏付け、たとえば定収入がないとか、ローンの延滞でブラックがついたような場合は、どのようにすれば賃貸物件に入居できるのでしょうか。まずこの場合は、全国にチェーン展開している会社よりも、地元に密着した会社で探す方がお勧めです。なぜかといいますと、地元に密着した不動産会社は、大家さんと馴染みがあるため、多少のことは大目に見てくれることが多いからです。もちろんこの場合は保証人を立てるのが原則ですが、もし保証人のなり手がいない場合でも、何か事情が差し迫っているような時には、家賃さえ払えたら入居できる場合もあります。

その時には、その人がどれだけ信用に値する人物かが、大きな意味を持って来ます。ですから家さがし、特に大家さんに会って話をするような場合には、できるだけきちんとした服装と言葉遣いで臨むことも大事です。同じ定収入がない、あるいは事情があって今すぐ入居したいような場合でも、その人の第一印象によって、受ける印象は変わって来るからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です