一人暮らしをするために賃貸物件に入居したいのですが、どのような点に気を付けるといいのでしょうか。まず、賃貸物件の場合は、初期費用として敷金と礼金、そしてその月の分の家賃を日割り計算で払います。大家さんにもよりますが、敷金や礼金は家賃の2か月分という所が多く、トータルでざっと50万円ほどかかると見ておいていいでしょう。大家さんがいる物件に入居する場合には、もし家賃を払えなくなった場合に、代わりに払ってくれる保証人が必要になります。

家族などで保証人になってもらえる人に、あらかじめ頼んでおくといいでしょう。それ以外には保証会社付きの物件があります。これは保証人を立てなくても大丈夫ですが、その代わり審査があり、定収入がないとか、あるい信用情報にブラックがあるような場合は審査に通りにくくなります。もちろん審査に落ちた場合は、入居できなくなります。

また、しばらく住んでから転居する場合は、ひと月前までに大家さんに連絡しておきましょう。それから退去時には原状回復といって、入居時とほぼ同じ状態に戻しておく必要があります。たとえば本人の過失などでものを壊したり、あるいは傷つけたりした場合には、入居時に払った敷金から、修理の費用が出されます。ただし経年による壁紙や畳の色あせ、あるいは家具を置いた跡のへこみなどは、その対象にはなりません。

この原状回復はトラブルが多発しやすいので、賃貸物件の入居時には、よく契約書に目を通しておくことが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です