住まいを購入するときに立ちはだかるのが管理の問題です。そのような見過ごされがちな住まいの管理が必要ないのが賃貸住宅です。その良さが忙しい現代社会の中で、今改めて注目されています。庭付きの一戸建てなどの場合はもっとも管理に手間がかかる住まいです。

外周の草むしりや植木の剪定等は季節によっては大変辛いものになります。猛暑の中草むしりをしたり、冬の極寒の中、枯葉を掃除しなければならないこともあります。こうした外構の管理は自分の住まいだけの問題ではなく、周辺の近隣環境への配慮も必要ですから欠かさず行わなければなりません。一方で賃貸住宅の場合、こうした周辺の草むしりや木の枝の剪定等は入居者の仕事ではありません。

あくまでも管理するのは大家になります。入居者は汚れや不具合に気づいたら管理事代行の清掃会社や大家に連絡すれば、あとは管理会社が行ってくれるのです。自分で電灯を変えたり施設の清掃などをしなくてもいいのは大変大きなメリットと言えるでしょう。こうした管理を管理費などを支払う必要なく行ってもらえるのが賃貸の魅力です。

マンション購入などをすると月々のローンの他にも大きな額の管理費を支払います。この管理費や修繕積立金にて清掃をしたり、壁などの大規模修繕をするのですが、賃貸の場合は家賃さえ支払うことで全ての管理や修繕をしてもらえるので大変手軽で有利と言えるでしょう。このような管理の楽さから賃貸住宅を選ぶ方も多いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です